FUXION EVOLVE 2023

新価値創出⽀援プログラム

フォルマント・テック

障がい者(児)福祉​
  • 終了後
  • 24.01.29
  • 24.01.29
  • soon

事業ビジョンとは、思考や価値観が可視化されたもの。

フュージョンメソッド

顧客中心設計で価値を創出するためにターゲットを仮説します。

 

 

-既存事業の振り返り

-チームメンバーとの共同作業

-自社の価値の整理

-既存事業・価値を活用し得るターゲット仮説

 

参加者所感

昨年参加した別のプログラムで人材採用は進んできたので、その人たちが活躍する場を創出していきたいという想いがあり、また新規事業開発の経験が全くなかったので試してみたかったので参加を決めました。
プログラムに参加していて、検討が進まない時、リソースが不足していることが原因なのか、自身の知識・経験が不足していることが原因なのかが分からないところは葛藤を感じるところです。
普段、自分が何をやりたいか分からないと感じることがあったが、事業ビジョンの検討を通じて思考や価値観が可視化された。
ターゲットの仮説については、元々関心のある領域だったことや、自身の経験も踏まえて自然と出てきたアイデアだったので、苦労はしなかった。

運営側所感

まず、新規事業開発への挑戦を決断されたこと、そして人手不足の時代に採用に成功し、チームの人材を活躍させたいという熱意を持っていらっしゃる点が素晴らしいことだと考えています。事業開発の過程で遭遇する様々な課題に直面しながらも、チャレンジの精神を持ち続けることは、成功への重要なステップです。
事業ビジョンの検討を通じて、ご自身の思考や価値観が可視化されたとのこと、これは大きな成果です。今後、新規事業を立ち上げる過程では、ターゲット設定や事業アイディアを幾度となく考え直す必要がありますが、その際に立ち戻るべき軸となります。またビジョンの明確化は、チーム全体の方向性を定め、モチベーションを高める上で非常に有効です。また、
ターゲット設定がスムーズに進んだのは、ご自身の関心や経験が十分に活用された結果でしょう。この自然な流れは、事業アイディアが市場に受け入れられる良い兆候です。今後は、この仮説を検証し、顧客からのフィードバックを積極的に取り入れることで、さらに事業を洗練させていくことが重要です。
最後に、不確実性が高い状況での事業開発は常に挑戦です。しかし、ご自身のビジョンに基づき、持続可能な事業を構築しようとするこの旅は、計り知れない価値があります。リソースの最適化、知識と経験の強化、そしてチームとしての一体感を高めることが、この旅を成功に導く鍵となるでしょう。

人間中心主義でサービス設計を進めるからこそ生まれてくる自信

フュージョンメソッド

顧客中心設計で価値を創出するためにターゲットを仮説します。

 

 

-既存事業の振り返り

-チームメンバーとの共同作業

-自社の価値の整理

-既存事業・価値を活用し得るターゲット仮説

 

参加者所感

「事実・背景を見る」という視点は重要だと思う。でも、これまでインタビューをすることはなかったし、難しさは感じています。私たちは人に接する事業を行ってきたので、人間中心という考え方はとても共感できる考え方です。一人ひとりを深堀っていくと全然違うことが見えてくるというのは実感として普段から感じていることでした。今回、人間中心で顧客やサービス対象者のことを考えながら、サービス設計を進めていけることは、自信にもつながるし、人と関わる中で深掘りが進んでいくのはとてもよいことだと感じている。電子的に結果が出てきたアンケートとは違い、実際の関わりの中から、その人が何を考え、何に困っているかに触れていけるのはとても大事なことだと思っています。

運営側所感

「事実・背景を見る」という視点の重要性を認識されている点は、顧客インタビューを行う上での良い出発点です。インタビューの実施に難しさを感じていることは、初めての試みであれば自然なことですが、既に人と深く関わる事業を行っているとのことで、その経験は人間中心主義のアプローチにおいて大いに役立つはずです。
顧客一人ひとりの話に耳を傾けることで見えてくる多様性は、サービスデザインを高度化し、事業を差別化する上での重要な要素となります。実際の顧客との関わりから得られる洞察は、アンケートなどの量的な調査では捉えられない深い理解に繋がります。これは顧客の本質的なニーズや痛点を理解し、より適切なサービスを設計するための不可欠なプロセスです。
また、インタビューを通じて顧客の声に耳を傾け、その結果をサービス設計に活かすことで、事業に対する自信がさらに増すと感じていらっしゃる点も、大変心強いと思います。顧客との対話から得られる直接的なフィードバックは、事業アイデアの有効性を検証するだけでなく、チームメンバーのモチベーションを高めることにも寄与します。
これからのフェーズでは、インタビューによって明らかになった顧客の真のニーズに基づいて、具体的なサービス改善点や新規アイデアを積極的に発展させていくことが求められます。そうした取り組みが、最終的にはより顧客満足度の高い、差別化されたサービスの創出に繋がることでしょう。