FUXION EVOLVE 2023

新価値創出⽀援プログラム

logica plus

日本一のメソッドを用いた成婚主義を貫く​結婚相談所
  • 終了後
  • 24.01.29
  • 24.01.29
  • soon

壁打ちができることの価値。チームの重要性とは。

フュージョンメソッド

顧客中心設計で価値を創出するためにターゲットを仮説します。

 

 

-既存事業の振り返り

-チームメンバーとの共同作業

-自社の価値の整理

-既存事業・価値を活用し得るターゲット仮説

 

参加者所感

チームメンバーのお2人がとても分かりやすく、論理的に壁打ち相手になってくれるので、既存事業の振り返りや自社の価値の整理が、とてもいい形にまとまった。logica plusという名前にも、改めてちゃんとした意味づけをすることができ、どんな結婚相談所なのかの説明がクリアになった。ターゲットの仮説もチームメンバーとの議論の中で、スムーズに決められたのは自社の価値が整理できていたからだと感じています。

運営側所感

多様な経験値、専門性を持つ方々とのチーム内でメンバーが壁打ち相手として有効に機能することは、アイデアを精査し、戦略的な方向性を定める上で不可欠です。このような対話は、深い洞察と具体的なアクションプランにつながる重要なプロセスです。
また社名に対しての明確な意味づけができたことは、ブランドアイデンティティの強化において大きな一歩です。ブランド名にストーリーやコンセプトを持たせることは、顧客に対して企業の独自性と価値を伝えるための重要な要素です。クリアな説明は、潜在的な顧客が貴社のサービスを理解しやすくし、信頼を築く助けとなります。
ターゲットの仮説がスムーズに決まったのも、社内で価値がしっかりと整理されていたためとのこと、これは事業戦略において非常に有効な基盤を築いた証拠です。自社の強みや独自の価値提案が明確であれば、より効果的にターゲット市場を特定し、そのニーズに合ったサービスを設計することが可能です。
今後もこのようなチームワークを維持し、メンバー間での有意義な議論を続けることで、貴社のビジョンを具現化し、市場において差別化された位置を築き上げていくことが期待されます。チームメンバーの力を借りながら、常に企業価値を再評価し、市場との適合を見極めていくことが、持続可能な成長への鍵となるでしょう。

発言の意図や背景を洞察する

フュージョンメソッド

顧客中心設計で価値を創出するためにターゲットを仮説します。

 

 

-既存事業の振り返り

-チームメンバーとの共同作業

-自社の価値の整理

-既存事業・価値を活用し得るターゲット仮説

 

参加者所感

インタビューを多く進めていく中で、次第に会員さんの発言に対して、意図や背景を考えられるようになってきたと思います。
感覚や主観で仕事を進めてきたところもあったが、そうならないように意識して進められていると思います。

運営側所感

インタビューを重ねるごとに、会員の発言の背後にある意図や背景を読み解けるようになっているとのこと、これはインタビュー技術が向上している明確な証拠です。お客様の言葉の奥にある真のニーズや問題点を理解する能力は、より効果的なサービスや製品を開発する上で極めて重要です。このような深い洞察は、新しい事業アイディアを生み出す際にも大きなアドバンテージとなります。
直感に頼らず、顧客に対する観察に基づいて判断することそののもへの意識の変化も、非常に良い方向への変化です。感覚に頼ることは直感や創造性を刺激する一方で、ビジネスにおいては理論的根拠や実証されたデータに基づいた意思決定が信頼性をもたらし、成功確率を高めます。
ここからは、インタビューを通じて得た洞察をもとに、具体的なサービス設計に結びつけていくことが重要です。また、感覚や主観を完全に排除するのではなく、それらを客観的なデータや洞察と組み合わせることで、よりバランスの取れた意思決定が可能になるでしょう。あなたの進化する分析力と客観性が、事業上の競争力となるでしょう。